アミティーザの便秘に対する効果と副作用

2017年11月24日
新しい作用機序を持つ慢性便秘治療の新薬「アミティーザ」が発売されたのが、2012年。
マイランEPD合同会社から発売された医療用医薬品です。

アミティーザの正式名称は、「アミティーザカプセル24µg」で、主成分として含有されているのはルビプロストンです。

アミティーザの有効成分であるルビプロストンが小腸に作用して、ClC-2クロライドイオンチャネルを活性化させます。このアミティーザの作用によって、腸内の水分分泌量が促進され便がやわらかくなり、また腸の輸送能力を促進することで排便をスムーズにします。そして、慢性的な便秘を改善に導いていくわけです。

アミティーザと従来から使用されている下剤の違い



従来から慢性便秘の治療薬としてよく用いられてきたのは、「マグミット」(一般名:酸化マグネシウム)や「プルゼニド」(一般名:線のシド)という下剤です。

「マグミット」は、水分を集めて便中の水分量を増やす「浸透性圧下剤」。
このお薬は、特に腎機能が低下している人にはあまり向いていません。長期使用が高マグネシウム血症を招くリスク貯めです。しかし、アミティーザは高齢者など腎機能が低下している患者さんにも問題なく処方できるので、便秘の改善効果が期待できます。

「プルゼニド」は、腸を刺激して蠕動運動を引き起こす「刺激性下剤」です。刺激性下剤の問題点は、長期に使用していると腸が慣れてしまう、つまり耐性ができてしまって、便意を感じにくくなって、自力で排便することができにくくなるというリスクがあります。
しかし、アミティーザは長期に使用しても耐性が出来ることはなく、便の状態や副作用にあわせて、量を調節しながら、長期にわたって服用することができます。

このように、アミティーザは従来から使用されてきた下剤とは違った利点を持ち、自発的な排便を促します。そのために、アミティーザによる便秘治療では排便時の腸への負担が少なく、腹痛などを起こしにくいという利点もあります。

アミティーザの副作用



アミティーザで知られている主な副作用は、吐き気と下痢です。

下痢が起こったら、アミティーザの服用量を減量したりします。吐き気があるときは、しばらく様子を見て、それでも吐き気がおさまらないようであれば、アミティーザを減量したり服用中止としたりすることがあります。その他の副作用として、腹痛、息苦しさといった呼吸器系の症状がみられることもたまにあります。

アミティーザを服用している際に副作用が見られた場合は、すぐに主治医や薬剤師さんに相談しましょう。そのまま放置するのはよくありません。

ほうれい線を消す化粧水は、ほんとうにあるの?

2017年03月24日
今回は、エイジングケア世代の女性の最大の敵であるほうれい線とエイジングケア化粧品のお話です。

30代、40代になると、女性のお肌悩みで気になるもので、常に3位以内にはいるのがほうれい線です。

朝、鏡で顔を見たとき、ほうれい線があると老けたなあと感じて落ち込みますよね。

はたして、この目立つほうれい線。

どのようにエイジングの対策をすればよいでしょうか?

エイジングケア基礎化粧品?
美容整形?

など悩んでしまいますね。

ほうれい線対策の基本は、まず、その原因をしっかり把握することです。

ほうれい線の原因



ほうれい線ができる根本の原因は、お肌が薄くなることです。お肌はコラーゲンやエラスチンが減少するとハリがなくなり、皮膚を支えることができずに重力によって下へ下へとたるみ出すのです。

そして、たるみが深くなれば、ほうれい線として目立つのです。

ほうれい線は、こうなってしまうとどんなエイジングケア化粧品でも消すことはできません。

頼るべきは、再生医療や美容医療などの医学的手段です。
医学的手段となると金額のことを考えると簡単には受けることが出来ないですよね。

だからこそ、ほうれい線は予防や早い段階からのエイジングケアが大切なのです。

実は、ほうれい線には、お肌の乾燥や紫外線によるダメージが悪影響を与えています。

直接的には、たるみが原因ですが、そのたるみを進ませてしまうのが、お肌の乾燥や紫外線ダメージなのです。

だから、ほうれい線の予防やまだ浅い段階のほうれい線なら、エイジングケア化粧品での対策が可能です。

じゃあいったいどんなエイジングケア化粧品を使ったらいいんだろうと思った方。

そんな方におすすめしたいエイジングケア化粧品があるんです。

それが、浅いほうれい線を目立たなくする化粧水エイジングケアをサポートするナールスゲン配合のエイジングケアローションがナールスピュアです。

エイジングケアにおすすめのナールスピュア



ナールスゲン配合の化粧品を取り扱っている通信販売サイト「ナールスコム」で取り扱われているナールスピュア。

そんなナールスピュアは、雑誌やTVなどのメディアに取り上げられたこともあり、@コスメの化粧水ランキングでも1位に輝いた化粧水。

ナールスゲンやビタミンC誘導体は、お肌のハリやつやのもとであるコラーゲンやエラスチンを増やすサポートをします。

ほうれい線気になってきたなと感じる方や早くから予防しておきたいと思った方にほんとうにおすすめしたいエイジングケア化粧品です。

そんなナールスピュアを使って、ほうれい線ケアに試してみはいかがでしょうか?

目の下のたるみの原因No.1

2016年08月12日
目の下、つまり涙袋と呼ばれる部分にたるみがあると、どうしても疲れ顔、または老け顔に見られてしまいませんか?

加齢によってお肌にしわやたるみがふえるのはどうしようもないことですが、
できれば可能な限り若々しく見せておきたいものです。
目の下にどうしてたるみができるかを理解することで、たるみ対策もやりやすくなります。




年齢によるお肌の変化は、皮膚のたるみができる要因の最も大きなものといえます。

年をとると、今まで皮膚の奥で生成されていたコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなりますので、
お肌の弾力性が失われてしまうのです。
お肌にコラーゲンやヒアルロン酸が多いと、肌の保湿力が高くなり、しっとりとしてもちもちとした皮膚でいることが可能になり、お肌の美しさを保てます。
逆に、コラーゲンやヒアルロン酸が減少した肌は、弾力が乏しくなって重力に引かれやすくなり、
目の周りなどはたるみが目立つようになってしまいます。

そこでコラ−ゲン、エラスチンをサポ−トしてくれる、ナ−ルスゲンの配合と
ヒアルロン酸130%の高い保湿をもつ、プロテオグリカンが配合されている
このナールスネオがオススメです。




スマホやパソコンの普及により、長時間使用している人も少なくないようですが、
目に相当のストレスがかかっていることも無関係ではありません。

あまりまばたきをしない生活をしていると、目のまわりの筋肉が弱くなって、目の下がたるみやすくなるともいいます。
疲れ果てて帰ってきて、メイクを落とさずに就寝する生活が続いていたり、短時間で済ませるためにいいかげんなクレンジングをしていると、皮膚を痛めてしまう可能性があります。

皮膚を老化させる要因の一つに、紫外線による光老化があります。
出かけるときは季節を問わずUVカットクリームをつけたり、紫外線を遮る帽子や眼鏡をつけましょう。
ある程度目を使った作業をしたら、しばらくは目を休めるなどして、目をいたわることも大事です。
毎日の生活の中で、ちょっとした心がけの積み重ねが、目のたるみ対策に有効です。

ほうれい線に効果のある化粧品

2016年06月22日
年を重ねると、どうしても目立ってくるほうれい線。
ほうれい線があるのとないとでは印象が全然違いますよね。




そもそも、ほうれい線ってどうしてできてしまのか。
同年代の方でもない方はないのに、ある方はあります。
まずは、ほうれい線ケアは原因を知ることが大切です。


ほうれい線の原因とは・・
肌の乾燥やバリア機能の低下だけではなく、たるみ、むくみもほうれい線の原因だったんです。


@たるみ
表情筋や皮下脂肪の衰え、コラ−ゲンやエラスチンの減少により、お肌の厚みが減って、
脂肪などの皮下組織の重みを支えることができなくなります。


Aむくみ
血管やリンパ管の衰えにより、老廃物や不要な水分が溜まることで、お肌がむくみ、
ほうれい線を助長させます。


しかし、コラ−ゲンやエラスチンは自ら作ることはできません。
では、どうすればいいのか。


ナ−ルスゲンは聞いたことがありますか?



ナ−ルスゲンは、「お肌が本来もっている力の発揮を手助けするエイジングケア化粧品」です。
線維芽細胞を活性化し、真皮のコラ−ゲン、エラスチン、HSP47を増やしてくれたり、
お肌の水分を保持してくれる成分です。

TVニュ−スで紹介されたナ−ルスゲンの情報がのっています。

ほうれい線の原因である肌の乾燥、コラ−ゲンやエラスチンの減少を
ナ−スルゲンが助けてくれるなら、ほうれい線に良く効きそうなエイジングケアですよね。


< 1 2 3
プロフィール
管理者:やっぱり素肌には、コラーゲン?

2019年 02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
リンク集