2018年07月

目の下のたるみの原因を突き止める

2018年07月19日

目の下のたるみの原因を突き止める



目の下のたるみの原因を突き止めよう。

目の下、つまり涙袋と呼ばれる部分にたるみがあると、どうしても疲れ顔、または老け顔に見られてしまうものです。

加齢によってしわやや顔のたるみがふえるのはどうしようもないことですが、できれば可能な限り若々しく見せておきたいものです。

顔のたるみに悩む女性

目の下にどうしてたるみができるかを理解することで、たるみ対策もやりやすくなります。年齢によるお肌の変化は、皮膚のたるみができる要因の最も大きなものといえます。

年をとると、今まで皮膚の奥で生成されていたコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなりますので、お肌の弾力性が失われてしまうのです。

お肌にコラーゲンやヒアルロン酸が多いと、肌の保湿力が高くなり、しっとりとしてもちもちとした皮膚でいることが可能になり、お肌の美しさを保てます。

逆に、コラーゲンやヒアルロン酸が減少した肌は、弾力が乏しくなって重力に引かれやすくなり、目の周りなどはたるみが目立つようになってしまいます。

スマホやパソコンの普及により、長時間使用している人も少なくないようですが、目に相当のストレスがかかっていることも無関係ではありません。

スマホやパソコンで目のストレスを感じている女性

あまりまばたきをしない生活をしていると、目のまわりの筋肉が弱くなって、目の下がたるみやすくなるともいいます。疲れ果てて帰ってきて、メイクを落とさずに就寝する生活が続いていたり、短時間で済ませるためにいいかげんなクレンジングをしていると、皮膚を痛めてしまう可能性があります。

皮膚を老化させる要因の一つに、紫外線による光老化があります。
出かけるときは季節を問わずUVカットクリームをつけたり、紫外線を遮る帽子や眼鏡をつけましょう。

ある程度目を使った作業をしたら、しばらくは目を休めるなどして、目をいたわることも大事です。
毎日の生活の中で、ちょっとした心がけの積み重ねが、目の下のたるみの改善の対策として有効です。

毛穴の汚れのクレンジング

2018年07月11日

毛穴の汚れのクレンジング



今回は、毛穴の汚れのクレンジングについてです。

毛穴の黒ずみであるいちご鼻改善の際にポイントはクレンジングです。角栓が過剰になると毛穴が汚れます。
毛穴に細菌なども侵入しやすくなります。

クレンジングで毛穴を綺麗にすれば、肌トラブルを防ぐことにもつながります。
今回は、毛穴汚れ対策のクレンジングについて。

毛穴汚れ対策のクレンジングについて知りたい女性

クレンジング前に、毛穴の開く40度前後の温度で顔の毛穴をマッサージが有効です。
マッサージは頬や鼻など毛穴が目立ちやすい場所でも行いましょう。

良い毛穴クレンジングを使い、正しい方法でクレンジングを行えばきれいな毛穴があなたの手に入ります。
良い毛ケアのクレンジング料で肌質を改善すること可能です。

正しい毛穴対策のクレンジングは、お肌に刺激や摩擦などを加えることなく、バリア機能をしっかり守りながら行いましょう。

毛穴の汚れやメイクを優しく洗い落とすことが大切です。
オススメはアーチチョーク葉エキス配合のクレンジングジェル。

クレンジングジェルは、ジェル状のテクスチャーで肌への刺激が少なく、誰でも優しいクレンジングが可能です。

クレンジングジェルのイメージ

クレンジングジェルには、オイルフリーとオイルインがありますが、毛穴のエイジングケアにはオイルフリーがオススメです。

また、オイルフリーのクレンジングジェルは、サッパリタイプが好きな人にピッタリです。
オイルインのクレンジングジェルはがっちりメイクもしっかり落とすことが可能なので、毛穴ケアに良いと思いがちです。

しかし、肌への刺激があるので、乾燥肌優し敏感肌には向きません。
クレンジン後は、毛穴引き締め効果のある美容成分を含むエイジングケア化粧品を使いましょう。

普通肌、乾燥肌、油脂性(オイラー)肌、混合肌それぞれの肌にあったエイジングケアを行ってくださいね。

プロフィール
管理者:やっぱり素肌には、コラーゲン?

<< 2018年 07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集