2018年06月

たるみのエイジングケアは、リンパ管で!

2018年06月19日

たるみのエイジングケアは、リンパ管で!



さて、今月は知っておいていただきたいたるみの原因の新研究のお話。
エイジングケアを学ぶサイト「エイジングケアアカデミー」で実施したアンケート結果では、肌悩みの第1位は、「たるみ」。

たるみは、真皮のコラーゲンやエラスチンの減少、皮下脂肪の肥大化、表情筋の衰えが3大原因であることが良く知られています。

そして、たるみはほうれい線、たるみ毛穴などの原因となっています。
このたるみ、最近の研究で、リンパ管と毛細血管のはたらきの低下が関係していることがわかったのです。

たるみを改善したい女性

リンパ管や毛細血管は、お肌の真皮を通っています。
毛細血管は、お肌に栄養や酸素を供給するはらたきが、一方、リンパ管は、お肌の不要な水分や老廃物を回収して捨ててくれるはたらきがあります。

しかし、加齢、体温の低下(冷え性)、紫外線などのダメージで、毛細血管やリンパ管がもろくなれば、栄養が肌の隅々までいきわたらなくなることや、リンパ管による老廃物の回収機能が低下してしまいます。

これが、お肌の「むくみ」の原因の1つです。むくみが一過性であれば、大きな問題ではありません。

しかし、むくみが長引いたり、慢性化するとリンパ液中に豊富に存在する脂肪酸がリンパ管の外へ漏れ、その脂肪酸が脂肪細胞の細胞分裂を早めてしまうことがわかってきました。

つまり、むくみが皮下脂肪を肥大化させ、たるみの原因となるリスクだとわかったのです。
だから、むくみの予防や改善が、ほうれい線やたるみ毛穴のケアにはとても大切なのです。

むくみが改善した女性

これから、気温が下がる冬場は体温も低下してむくみがちな季節。ニンジンやゴボウ、ショウガなどの根菜類を意識的に摂って体を温めたり、入浴はシャワーだけで済まさずあったかい湯船につかりましょう。

そして、むくみケアのエイジングケア化粧品なら、ナールスパッションがオススメ。リンパ管をケアするパッションフルーツのエキス「キュアパッション」がリンパ管をケアしてくれます。

11月〜2月の寒い時期には、週1回程度の使用でむくみケアを行ってはいかがでしょうか?
エイジングケアで美肌を目指しましょう。

プロフィール
管理者:やっぱり素肌には、コラーゲン?

<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集