ほうれい線を解消する

2018年10月20日

ほうれい線を解消する



若い頃には気にならなかったほうれい線も、年齢を重ねるほどに深くなります。

顔の両脇に入った“ハの字”を消そうと、あれこれスキンケア商品を試す女性もいるでしょう。

実は、ほうれい線が深くなるNGケアがあるのです。
この事実を知らないままでいると、見た目年齢はどんどん老け込んでいきます。

そこで今回は、ほうれい線を消すためのポイントについて解説します。

ほうれい線が目立つ女性


@ほうれい線が深くなるNGケアとは



肌の両脇から口元にかけて伸びるほうれい線は、どうしても目に入りやすいですよね。

ほうれい線を薄くしようと頬を横に引き伸ばしてみたり、マッサージを頻繁にしたりする女性もいますが、実はそれはNGケアに当たります。

肌にシワができやすいということは、角質層や真皮に保湿成分が足りていない証拠です。
そこに直接的な刺激を加えると、皮膚が摩擦に耐えられず、余計に荒れてしまいます。

皮膚の乾燥が進んでいるタイミングでは、決して直接的に刺激や摩擦を加えないようにしましょう。



●ズボラなスキンケアもほうれい線を深める原因



ほうれい線を改善するために、化粧水を遣わず美容液だけをつけてはいませんか?
いくら有効成分が含まれているとはいえ、肌の土台をつくるための手順は守るべきです。

化粧水を使わないというズボラなスキンケア方法をとることも、ほうれい線を深める原因。

Aほうれい線を解消するための前提条件



スキンケアや美容医療でほうれい線をケアできることは事実ですが、それだけに頼り切りになるのはNGです。

まず大前提として、規則正しい生活習慣・食事管理・運動が必要であることを忘れてはいけません。

午前中に日光を浴びながらウォーキングをしたり、1日3食の栄養バランスのとれた献立を組んだりすることを徹底しましょう。

ほうれい線が消えた女性

また、睡眠不足が続いている人は、美容医療によるほうれい線の解消も望めなくなります。
特に外科手術を受ける場合、健康状態が不安定だと処置に移れません。

一口にほうれい線の解消といっても、様々な前提条件を整える必要があるのです。
スキンケアにおけるルールを学び取り、老け顔にみられない健康的な肌をつくりましょう。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:やっぱり素肌には、コラーゲン?

<< 2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集